Google検索




Twitter

気になるバナーはポチッ





2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

無料ブログはココログ

« ガイド疲れちゃった | トップページ | 余計滅入ります »

2008年4月22日

弁護団よ、恥を知れ

少年はあの弁護団に踊らされた。私の感想です。
初めから「大きな過ちを起こしてしまった」と猛省をしつづければ、
被害者家族は死刑にあそこまで固執しなかったと思います。
無期懲役から死刑に量刑が上がってしまったのは、弁護士として
何も役にはたっておらず、彼の人生を更に狂わせることになった、
それだけでしょう。

ドラえもんだの母性がだの、誰が考えてもそんな理由がああそうですか
なんて納得できることは微塵も感じられませんでした。

本村さんは少しでも報われたでしょうか。
閉廷のあとの会見では、いつもにも増して堂々と感想と意見を述べられ
言葉の重みがひしひしと感じられました。

その後の弁護団の会見、なんだか支離滅裂に感じられたのは私だけ?
もう20人もの大人が胸を張って、最善を尽くした弁護だったので
しょうか。
さらに気に入らないTV局は締め出したとのこと。大人気ない。

事実はひとつ。
18歳の男が、女性を絞め殺しその後性的暴行をした。
子供が泣きやまないので床に叩き付け、更に殺害。
そして財布を奪って逃げた。

死刑論は日本ではまた再燃するかもしれません。
でも私の考えは揺るぎません。大切な人が無残な殺され方をしたら
あだ討ちします。刑法が許さなくとも私のすべてが許しません。
その代わりが司法による『死刑制度』だと考えています。

« ガイド疲れちゃった | トップページ | 余計滅入ります »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弁護団よ、恥を知れ:

« ガイド疲れちゃった | トップページ | 余計滅入ります »