Google検索





気になるバナーはポチッ





2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

無料ブログはココログ

Twitter

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日

夏の終わりに風邪をもらう

家の中で母がマスクも何もせずに咳をしまくった挙句
しっかり移りました。

ただ有り難いのが咳は全く出ず喉も痛くならずひたすら鼻水と鼻づまり。
要は何かを口に入れると息ができない辛いもの。
それなりにしんどいので数日寝込んでしまい、日課の散歩もサボって
しまいました。

アレルギー(花粉とか蕁麻疹とか)を抑える薬を服用しているので
総合感冒薬以外飲めず、もうその抑える薬自体数年服用していて
多分効いていない。パイナポー味だからまぁ美味しくて続けてるけど。

ちなみに飼いだしたメダカはやはり我が家には順応せず
1匹を残して天に召されました。
その一匹は金魚の水槽に移されて元気に泳いでます

うーん、西陽はやはり手ごわかったということですね
残された火鉢、どうしたらいいんでしょう??

2018年8月19日

新しい仲間

この真夏、人間様はクーラーなしでは生きられないというのに、
ペットには気を使わなかった結果、金魚二匹が死にました。

温度管理を怠り、温水プールみたいになってたそうで。
一番大きいのは生き残ってボッチになってしまったので新しい仲間が増えました。

あれが普通の大きさなんだろうな・・。先人がデカすぎるんだよな。


P_20180818_180937_vhdr_on

で、それだけに飽きたらずメダカまで飼い始めました。
入れ物は家にあった火鉢。母が父の実家から貰ってきたもの・・だったかな?

で、我が家は東からの太陽の光はほとんど当たらないのに、
いわゆる「ビオトープ」方式なので、ポンプなしの外での飼育。

水が温もらないように断熱シートを巻き、火鉢の上の方は影を作り
なんとか水温上昇は免れています。光合成で酸素も大丈夫でしょう(多分)

P_20180817_181832_vhdr_on

なんていうかなぁ、構うものがそんなに欲しいですかね?
今日母上は「うさぎくらいなら飼いたいな~」と言い出し、何考えてんだか。

猫なら散歩しなくていいとか鳥なら楽ちんとか、テレビ番組とかで
すぐ飼いたいとか洗脳されるの辞めてほしいわ;;

 

2018年8月12日

ゴン太のところが賑やかに

P_20180804_170901_vhdr_on

ゴン太がいなくなってから3年?2年?あれ?
この子は恵まれていて、一回この仏壇モドキは仕舞われたのに、去年の
耐震工事が終わって洋間がすっきりして、また戻ってきました。

花は生花から造花になりお茶は置きっぱなし。
もっと酷い時はお供え自体がナニコレ?家で作ってるミニトマト?というのも。

葛まんじゅうにゼリー、ちっこい饅頭、そんで私からワッフル。

この犬はアレルギーが酷く、人間のおやつはおろか犬のおやつも食べたことは
我が家に限ってはありません。
肉も魚も食べさせられなかった。だから全く興味も示さなかった。

お盆にはせめて果物が増えるといいねぇ、ゴン太。
本当は食べさせちゃイケないぶどうも食べてたしな~

でも20歳生きたら、ぶどう食べさせても別にアカンかったと思えない。


この子は母上と同じ墓?決まってないけど入れてあげるのだ。

 

2018年8月 8日

トイレの中が変わりました

6月にお風呂場のお湯が出る蛇口?が調子悪くなり
修理してもらった矢先、便器の蓋が壊れました。

まあ水を流すときにレバーも変だな、水の流れ具合が
「小」の時に少なくね?とは思っていたのですが
蓋が壊れたことで部品がなく、便器丸ごと取っ替え。

P_20180808_175943_vhdr_on

前はクリーム色だったのですが、今度はピンクに。
母上の好みです…私はブルーが好きなのに。


P_20180808_175959_vhdr_on

ボタンも少し増えました。
なんか座ると一回り小さくなった感じ。
ということは、トイレに余裕ができた、ほどでは
無いですけど。

自動で蓋が開くとか勝手に水が流れるとか、そういった
機能はまた故障したとき面倒だし、付けていません。

それなのに!!工事費20万弱。
どこまで値引きしてもらえてるのかしりませんが
痛い出費で、最近のおかずが貧相です(笑)

いや、貧相なのは母上の「氷菓代」が嵩んでるだけですけどね。一体どれくらいガリガリ君に貢いでいるのやら。

私は氷菓は苦手です。ラクトアイスも嫌。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »